未来を支える


「専門知識をつけたいけど、今の自分にはアピールできるポイントがない」という方でも大丈夫。将来転職するためのステップアップとして、ITAGE GLOBALは、専門知識をつけるためのバックアップをします。

ITAGEグローバル入社時の思いや、自身の状況
ITAGEグローバルに入社した時には、とにかくIT関連の専門知識を身につけたいという思いが強かったと思います。ITAGEグローバルに入社する前は、学生時代に留学していたこともあり英語はかなりできましたが、それだけではIT業界で生きていくのは難しいと考えていたため、何らかの専門知識をつけていきたいと思っていました。また、一度専門性を身につければ、その後スキルの幅を広げようと思った時にもスムーズにできるのではないかと思っていたため、専門知識を身に付けられる仕事場を探していました。当時は英語しかできなかったため、ITについて全くの未経験者だった私を入社させていただき、本当に感謝しています。

ITAGEグローバルで経験した業務と、得られたスキル
ITAGEグローバルでの3年間のうち、始めの1年はプログラマーとしての開発・テストをやらせていただきました。次の1年は維持・運用のチームとして運用要件のとりまとめから、パフォーマンス測定や障害対応などの運用業務を。最後の1年は、Demo3Dの契約締結のお手伝いから、パッケージの機能の調査、ユーザへの説明など、パッケージのプリセールスから運用的なところまでやらせていただきました。3年間を振り返ってみると、あまり一貫性がないような気もしますが、結果的にIT関連の色々な仕事を薄く広くやれたことが、現在の仕事をするなかで非常に役立っています。

今後、将来について
私はもともと飽きっぽいところも多いので、全く違う専門領域に移行して、どんどん新しいことにチャレンジできればと思います。しかしながら、専門知識がないまま、新しいことに挑戦するのは難しいため、これまでのスキルや知見を活かし、親和性のある似たような領域に移行して新しいことにチャレンジできればと考えています。例えば、もう少しITから離れてBCPや企業の経営管理に関わる問題を解決する仕事などです。ITAGEグローバルでの仕事は、考えの異なる色々なお客さんと、多種多様な仕事ができる機会がありましたので、新しいことにチャレンジしていく現在の自分の考え方の土壌になっている気がします。



「勤務時間を限定したいため、長期間、派遣として働いていたい」など、個々のライフスタイルに合わせた働き方もバックアップします。

私は、一度体調を崩しており、無理をして勤務することができません。また、時間があると必要以上に仕事をしてしまう性格なため、まわりに制御してもらわないと、また体調を崩してしまう危険性があります。ITAGEグローバルと相談し、出社時間をずらす事により、物理的に限界時間を抑えることにしました。残業時間を少なくすることができるため、体調管理がしやすく助かっています。



「親会社(ITAGE)」なら、身に付けた技術を生かしていく環境があります。技術・経験を身に付けたその先は親会社で、さらに新しいチャレンジを!

ITAGEグローバル入社時の思いや、自身の状況
最初は、ITAGEグローバルに入って、派遣契約でいろんなプロジェクトに参加し、知識、経験を積みました。ほぼ毎回、契約が変わる際に、新しい技術、ポジションにチャレンジすることができるため、自分の可能性をどんどん試して仕事を楽しむことができました。今年、親会社(ITAGE)に転籍し、テクニカルソリューション部(いかTS部)に入らせて頂きました。長年派遣で身につけた技術や、経験を活かし、現在では社内でプロジェクトを担当しています。TS部ではチーム間の情報交換や、助け合いが大変優れていて、何かあったら、みんなが助けに来ます。また、社内開発であるため、自分の考えや意見を直接上司に気軽に言えます。本当に風通しの良い会社です。派遣で自分の腕を磨いた後、親会社で一緒に新たなチャレンジをしてみませんか?